佐久市周辺の不動産売却・長野不動産売却相談センター

のお客様の声

税金対策の手段として佐久市周辺での不動産売却を検討

利用者のいない住居は、時として近隣の住民に害を及ぼしかねません。そして建物を放置するデメリットは当然、周りだけでなく物件の所有者にも存在します。佐久市周辺に物件をお持ちのお客様には、住まいで損をしてほしくはありません。物件には様々な活用法がありますが、税金対策や維持のコストを避けるために有効な手段の一つが不動産売却です。佐久市周辺に物件をお持ちの方が住まいのために多くの費用をかけ結果として損をしてしまう事の無いよう、空き家に関する問題と合わせて不動産売却についてご紹介します。

物件の評価を高め上手く売却するための豊富なノウハウ

もし自分が物件を購入する場合、重視するポイントはどこでしょうか。立地や価格、内装、間取りなど気にしたい部分は人により様々ですが、全てが理想通りでなくとも希望に一番合った物件を購入する場合が多いです。つまり、ある部分において魅力的な住まいは買い手に好印象を与える可能性が高いと言えます。不動産売却では、現地訪問で物件の外壁や間取り、内装などを確認し、立地と合わせてその住まいの魅力を引き出すのが専門会社の仕事です。

より多くの方に物件の価値を認めてもらうため、時には修繕工事をおすすめする事もあります。例えば水回りや外壁などは、手入れが行き届いていない事により見た目の悪さや全体の老朽化を招く可能性があるので、最適なプランの提供は佐久市周辺で一番満足できる売却を実現するために欠かせません。契約を済ませた時にお客様に「ここに物件を任せて良かった」と言っていただけるのが一番の目標です。

物件の売却は土地にかかるコストを避ける選択肢の一つ

住宅に必要な手入れをせずに放置を続ける事で所有者に起こるデメリットは無視できません。調査の結果、倒壊の危険や衛生面における近隣への悪影響、景観を損なう外観と判断された住居は「特定空家」に指定され、その後自治体から勧告を受ける事になれば住宅が「住宅用地の特例措置」から除外されます。「特定空家」の指定は原因を改善する事で解除する事が可能ですが、特例措置から除外されている状況では固定資産税の優遇が無くなるため、何倍もの税金を払わなくてはなりません。

しかし優遇があったとしても、住まいにかかる税金は決して安くありません。佐久市周辺に空き家をお持ちで毎年かかるコストにお困りのお客様には、住宅の有効活用や税金対策の手段として不動産売却をおすすめしております。「今後を考えた時に物件をどうするのが最適かわからない」という方は一度、地域の不動産会社に相談してはいかがでしょうか。

売却を考える前に知っておきたい建物の管理についての問題

全国で増加している空き家の問題の解決のため、平成26年に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が交付されました。この法律では、居住者のいない住宅の対処をしなくてはならない事や、環境に有害な住宅を「特定空家等」と定義し対策に繋げる事などが説明されており、各市町村に向けて利用されていない住宅の調査やデータベースの整備を進める旨も記載されています。住まいの放置において一番問題になるのは、町の景観の悪化と家屋の老朽化や伸びた庭木などによる住民への影響です。

相続や身内の転居で住居を譲り受ける場合はありますが、利用するしないに関係なく管理の責任は所有者にあります。今は大丈夫でも年数が経ってからトラブルに発展する事も考えられるので、住まいの管理は早めに対策を講じるのが重要です。佐久市周辺から不動産売却を中心に、適切なプランの提供に取り組む事でお客様の物件についての問題解決に努めます。